パキスタンとスリランカのコミュニティ

パキスタンとスリランカ由来のコミュニティは、とても多様な集団で、異なる宗教、文化、民族性を持っています。

しかし、彼らは芸術への愛と情熱によって繋がれています。

ヘナのデザインは彼ら自身を表現するだけでなく、アーティストと消費者の絆も作っているのです。

​ヘナ・デザイン

ヘナのデザインは、身体の装飾の伝統的な形の一つで、年月を経ても重要な位置付けを保ってきました。

伝統的に、これは結婚式などのお祝いの場で広く用いられていました。

多くのヘナ作品は、それほど考えや計画なく、自発的に、また直感的に作られます。ヘナは、精神的な繋がりや与えられた恵みをさらけ出し、職人と使い手が広くコミュニケーションを取るためのものなのです。

エンパワーメント・

ワークショップ

相互交流による三日間のワークショップを通じ、私たちは女性たちのコミュニティが士気、自信、理解を強めるよう努めます。

何人かのゲストスピーカーによる多様なプレゼンテーションにより、参加者は更なるエンパワーメント(社会的な力付け)に繋がる権利について教育を受けます。

参加者はまた、商品をデザインする方法や、成功するビジネスについても学びます。

Our Artisans

私たちは、アフリカ、南アジア、東南アジアを含む異なるバックグラウンドを持つ、驚くほど才能のある女性たちの諸グループと仕事をしています。

CHAMALiiNを通じて、彼女たちはバンコクで新しい生活を始めるとともに、家族を支える収入を得ることが出来ます。

​コミュニティについて詳しく知る

モン・コミュニティ

モンの人々のコミュニティは、ベトナムとラオスの高原または中央の高地に由来します。

彼らは豊かな伝統と文化を持った重要な少数民族です。

彼らは彼ら自身のコミュニティ内の結合をとても重視し、家族にも大きく価値を置きます。

刺繍や縫い物などの伝統技術は家庭から家庭へと受け継がれ、

そのユニークな芸術は多くの世代を越えて育まれてきました。

モンの象徴

モンの刺繍やパンドウは、自然や動物を象徴する際に伝統的に用いられました。パンドウは「花の服」と訳され、モンの刺繍に一般的に使用される鮮やかなピンクや赤、緑、青による渦巻きや幾何学模様が、それを反映しています。

モンのコミュニティでの言い伝えでは、女性が祖先の言語を刺繍に隠していたといいますが、この言語は消滅しています。

当コミュニテイでは、少女たちは若いうちに、母親や祖母のモチーフを真似することで裁縫を学びます。

​モンの刺繍

私たちの職人の女性たちの刺繍は、内面も外面も美しいです。

全ての商品は最高のケアと注意を払われ、日々の仕事を反映して作られます。

伝統的な職人技が、私たちの全ての商品に注がれているのです。

その技術は、美しいだけでなく、彼ら職人たち自身の遺産、伝統、生活のストーリーを伝える機能としても、世代を通じて受け継がれています。

​教育プロジェクト

多くのモンの職人女性たちが、ベトナムからの急な移動による言語の壁に直面しています。

彼女たちの多くはモン語かベトナム語と少しのタイ語を話し、英語を話す人はとても限られます。

CHAMALiiNの教育プロジェクトは、このコミュニティを社会的に力付け、彼女たちの生活が向上する機会を提供することを、基礎的な英語とビジネススキルを教えることによって実現することを目指しています。

 
 
  • Twitter - White Circle
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • YouTube - White Circle

©2018 by SKTR. Proudly created with Wix.com